金プラチナ買取や投資を大阪で始める理由

インフレが心配だからこそ金プラチナが安心

投資といえば、株や投資信託を思い浮かべる人が多いですが、最近注目を集めているのは金プラチナ買取や投資です。一度にまとまった資金を用意できなくても、月3000円程度から始められることも人気の理由です。

分散投資先として熱い視線が注がれる金プラチナ

資産運用には分散投資が鉄則です。運用方法には、預金、株、投資信託、不動産などありますが投資先が限られていると、相場の影響を受けやすくなってしまいます。これはとてもリスクの高い状態です。リスクとは危険なことととらえている人がいますが、正確には振れ幅が大きいことを指しています。振れ幅がないという点で、預金が一番安心と考えるかもしれません。それは大きな間違いです。バブル崩壊以降、日本はずっとデフレの状態にあったので貨幣価値は下がる可能性があることをすっかり忘れていますが、先進国の中で日本ほど長期間ゼロ金利政策が長く続いている国はありません。今後、インフレが起こったときに資産が預金しかなければ、資産価値は目減りしてしまいます。つまり、現金の価値が下がるということです。これを避ける投資先の一つとして、金プラチナ買取や売却、投資などが注目を集めています。

有事のときこそ威力を発揮する金プラチナ

2008年のリーマンショックでは、大阪などで株式投資をしていた投資家は多くの資産を失いました。しかし、その最中にあっても金プラチナはほとんど影響を受けることはありませんでした。2015年の中国ショックのときも同様です。たとえば、2000年に1g=1000円台前半だった金価格は、2016年1月に4500円近くまで上昇しました。短期的に変動はしていますが、長期的には徐々に上昇しています。金プラチナは装飾品としてだけでなく、貨幣の代替、工業製品の需要も大きいことから価格が下落しにくい商品になっています。新興国の経済発展に伴い、ますます金プラチナの需要は高まっていくでしょう。特に、純金は「有事の金」という名の通り、経済の不透明感が増すほど、投資先として選ばれる特徴があります。株やFXのように短期間で大きな利益を得ることはなくとも、その特性を再認識して、運用先に取り入れる価値は高いのです。

金プラチナは積み立て購入システムを利用すべし

いくら投資先として魅力的だからといって、一度にまとまった金額をつぎ込んでしまってはリスク分散の意味がありません。金プラチナは短期的な価格上昇が見込めないローリターンの商品で、利息や配当も付かないので、あくまで資産運用の一つという位置づけにします。割合としては総資産の10%から20%程度にとどめておくことが一般的です。手軽に始められる方法としては、積み立て購入のシステムを利用できる現物の積立、ETF、投資信託があります。どれも月3000円程度から購入することができます。金額指定の買い方をすれば、価格が安い時にはたくさん買い付けることができますし、高い時には高値をつかむリスクを減らすことができます。買い付けた金プラチナは、大阪などの純金積立会社が保管するので、紛失や盗難の心配はいりません。一定量になれば、売却をしたり等価のジュエリーと交換することができます。